安全靴オタク

防水機能などに優れた安全靴

工事現場などでさまざまな作業をする上で、足を守る靴は重要な存在です。

そういった危険を伴う現場で大活躍しているのが安全靴で、おもにつま先が鉄製で出来ている靴のことをそう呼ぶことが一般的で、基本的にさまざまな危険な場面を想定し、それに耐えることができる靴となっています。そんな安全靴としては、たとえば工事現場の他にも被災地などでも大活躍しており、クッション性や屈曲性、通気性といった普通の靴にも求められる機能を兼ね備えていることはもちろんですが、そういった機能以外にも、安全靴ならではの機能として、防水性や耐熱性に優れていたり、釘などを踏んでしまった際にも足を守ることができる耐踏抜きといった機能や耐滑性、電気関連などにも対応できる機能を持っているケースもあります。

それゆえに安全靴といっても種類やバリエーションはいろいろあり、靴底の素材もポリウレタンやゴムといった異なる素材もありますし、形状についてもメジャーなスニーカータイプだけでなくローカットやミドルタイプ、ロングタイプといった長さの違いもありますし、地下足袋タイプやブーツタイプ、スリッポンタイプなども存在しています。

よって使用する際は現場に合ったタイプのものを選ぶことで効率的に作業や仕事が捗ります。たとえば水を使用する場面なら防水性に優れたものがお勧めですが、同じ防水性に優れたタイプでも洪水の被災地での作業や工事の作業では、最適な靴の長さなども違ってきますし、また履き心地の良し悪しは個人差もあるため、そういったことも考慮して選ぶようにすれば、より安全かつ快適に履きこなすことが可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *