安全靴オタク

食品関連業種は防水安全靴がおすすめ

様々な仕事において、適切な靴があります。

野外や屋内の仕事、工具や危険なものを扱うような場合、安全靴を履くことは必須です。食品に関わる業種で働く人にも安全靴は必須となります。食品関連業種にも様々な種類があります。レストラン、焼き鳥屋、ラーメン屋、弁当屋、弁当工場など様々なスタイルがあります。食品関連の業種で働く人にとって安全靴は、防水であることも必須です。包丁や串、重たいまな板など何らかの拍子で落ちることは良くあります。

調理に必要な道具は身近においていることが多く、そうすると必然的に自分の周りにはいろいろなものに囲まれます。
調理中は時間との闘いの場合も多々あり、そういった時に急いでいて、腕で包丁の柄に当たって、下に落とすことは調理の現場では本当に良くあります。こうした場合を考えると、甲の部分をしっかりと守ってくれる安全靴が必要不可欠です。これに合わせ、調理の現場では水をよく使います。

水に濡れない為に防水ということもありますが、調理中は水だけでなく、油が靴に掛かることもあります。熱い油やお湯が足に掛かってしまった場合、防水であると被害が少なくて済む場合もあります。
布製の防水処理していないものですと、お湯や熱い油を吸ってしまい、かえって足をやけどしてしまったり、さらに大きな被害になってしまうこともあります。色々な危険を考えると、食品関連の仕事に就く人の安全靴は甲の部分がしっかりと守られていて、尚且つ防水であることが望ましいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *