安全靴オタク

ハイカット安全靴の選び方

安全靴の中でも、ハイカットと呼ばれるタイプがあります。

これは足首まで覆うことができるため、安全性にも優れています。ただし、ハイカットの安全靴を選ぶならいくつか知っておきたいことがあるのです。まずハイカット部分の柔軟性についてです。先述した通り、足首を覆っていますから、あまりに固いものだと足を動かしにくくなります。そのため、一度履いてみて、どの程度足首が曲げられるのかを試してみましょう。

もしも平地での作業しかやらないというのなら、特にこだわる必要はないです。ところが頻繁に高所に行くのなら、可能な限り柔らかいものを購入しておきたいです。続いてサイズに関してですが、脱いだり履いたりしやすいように、少し大きめを選ぶ人がいます。ただ、長時間履くのならそれはおすすめできません。
理由は、靴の中で足が動いてしまうほどの余裕があると、足の甲で安全靴を持ち上げる状態になってしまいます。通常の靴に比べると重たいですから、足が疲れやすくなります。

そのような事態を避けるためにも、足と一体になるくらいにフィットするものを履くと良いです。安全靴と聞くと、つま先に入っている芯に注目してしまいがちです。しかし、意外に重要となるのは靴底です。
現場の状況にもよるのでしょうが、釘が落ちているのに気がつかず、踏んでしまうなど珍しくないのです。そこで足を貫かないためにも、最低でも四百キロ以上に耐えられるものにしておくと比較的安全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *