安全靴オタク

安全靴は軽量のものが良い?

安全靴といえば、中に金属が入っているので一般的なランニングシューズなどと比べて重いというイメージがあるでしょう。

中に金属が入っているということだけではなく、その金属を支えるだけのしっかりとした構造でなければならないので、全体的にも重いという特徴があります。しかし最近では、軽量の安全靴も登場しています。ランニングシューズなどと比べるとやはり重くなっていますが、従来の製品に比べるとかなり軽くなっているということです。工事現場で働いている警備員の人が履いているものなどは、比較的軽量のものも多いのではないでしょうか。

軽量であるということには不安もありますので、ただ軽さだけを重視して安全靴を選ぶことはよくありません。建設現場で働いている人など、重大な怪我につながってしまう可能性のある仕事をしている人は、やはりしっかりとした安全靴を選んでおきたいものです。同じ建設現場で働いている人でも、警備員の人は実際に作業をするわけではありませんので、軽量のタイプを履いていてもそれほど危険はないでしょう。

リスク対策を重視するか、動きやすさを重視するか、バランスが重要になります。アルバイトの人なども比較的簡単な作業をまかせられることが多いので、軽量のタイプのほうが働きやすいかもしれません。工場で働いている人などは、安全靴を履くことまでは義務付けられていないことが多いです。しかし、工場では危険も存在しているので、しっかりとした靴を履いておいたほうが安心できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *