安全靴オタク

おしゃれな安全靴で働く

安全靴が必要になる場面は、主に建設現場となります。

その他、工事現場、工場などでも安全靴とヘルメットの着用が義務付けられていることがあります。警備員の仕事でも、現場によっては安全靴とヘルメットを着用することもあるようです。基本的には現場労働となるため、あまりおしゃれをしすぎるのもイメージがよくありません。ベテランの人が地味な格好をしているのに、新人の人が派手な格好をしていると、立場が逆であると外から来た人に思われてしまう可能性もあります。しかし、それほど目立たないものであれば、おしゃれをするのも悪くありません。必ずしもちゃらちゃらした派手な格好がおしゃれであるとは限りません。

シンプルなおしゃれなら、むしろ好感をもたれることもあるでしょう。現場の仕事でも女性が働いていることもあります。女性の場合には、あまり地味すぎる格好をしているとかえって目立ってしまうことがあります。適度におしゃれはしたほうがよいでしょう。あまり高そうな安全靴を履くのも禁物です。新人の人が高級なものを身につけて働いていると、やはり立場的によくないでしょう。

現場の仕事ですので、ブランド物の時計などをつけていると壊してしまう恐れもあります。一緒に働いている人にも、「壊さないようにしないと」とよけいな気を使わせてしまうことになります。基本的にはブランド品ではなくても、時計などは身につけずに働きましょう。シンプルで身軽な格好をしていたほうが好感がもたれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *