安全靴オタク

防水仕様の安全靴で足をしっかり保護しよう

過酷な現場で様々な要因から足を守ってくれるのが、防水性能がある安全靴です。

厚い皮革やゴム底で構成されている上に、鋼板によって指先などの急所を重点的に保護しています。組み立てや加工を行っている現場には高温の金属といった危険物があるので、防水になっている安全靴には油や化学薬品に対しても耐久性があるケースが多いです。

形状としては、通常の革靴から広範囲にわたって足を覆うブーツまで色々なタイプが見られます。魚市場のように常に下に水がたまっている環境では、長靴としての高い防水性能がある安全靴がよく用いられています。水たまりの上を歩くことを想定した滑り止めがあるので、安心して作業を行えるのが特徴です。防水を含めて実績がある安全靴は現場の安全に欠かせない道具であり、事故を予防するために作業員の服装として義務づけている事例がよくあります。

歩きやすい運動靴のタイプが人気ですが、現場で起こり得る事態とその場合に必要となる耐久性を満たしているのかをチェックしてから選ぶべきです。内部に水が浸入しない防水などの安全靴の性能については、どこまで安全なのかを客観的に評価する標準規格のマークの有無によっても確認できます。重量物を扱う現場では信頼性が高いマーク付きを必須としているので、雇われて現場に向かう前に準備しておきましょう。現場によっては予備を借りられますが、自分の足のサイズにぴったりで状態が良いものを履くことが大事です。(オフィスユニフォームならこちらから)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *