安全靴オタク

防水仕様の安全靴で労災とリスクを回避

製造業の現場には様々な機械があります。

大型の機械を多数導入する事で業務の効率化が実現します。効率よく仕事を進める上で人の知恵は欠かせません。しかし労働者の数と個人の努力に依存した人海戦術には限界があります。また精神論だけで現場を管理、運営していれば高確率で労災が発生します。労働環境の悪化は企業業績の悪化を誘発しますし、労災が起きれば企業の信頼度は地に落ちるでしょう。

現場に色々と最新の機材を導入し、徹底的に合理化を図る事が大事です。成功を収める町工場は徹底した機械化を進めており、むしろ人海戦術に依存した現場は減ってきています。ただ色々な最新鋭の機材や色々な素材がありますと、その分だけ新しいリスクが生まれます。重たい器具や素材をうっかり現場作業員が足の上に落としてしまえば、労災が発生し、現場は混乱しますので、そういった危険を避けるためにも安全靴の導入を進めましょう。今までは安全靴が不要と言われた現場も、大型機械の導入などで環境が変われば導入しなければいけません。防水仕様の安全靴は特に重宝します。防水であれば様々な現場で使えますし、水や液体が製造の過程で必ず出る現場ならなおさらです。

普通の安全靴もまた水に強いですが、防水仕様のものにすれば靴の表面が水濡れに耐性があり、現場のスタッフが不快感を覚えません。また防水は水分全般を弾きます。普通の雨や水などに加えて、色々な液体に耐性が生まれますので、ハードな現場の制服には欠かせません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *